« キス・キス ロアルド・ダール 早川書房 | Main | ■沼地のある森を抜けて 梨木香歩 »

2005.11.11

■イッツ・オンリー・トーク 絲山秋子 新潮社

うーん、ちょっと狙いすぎではないのか? 出てくる人みんな変なんだけど。変だけどエキセントリックではないので、強烈にイヤではないのですが。
元新聞記者で躁鬱病になり、今は絵描きの女性、優子。彼女の周りには大学時代の友達で都議員のED男、彼女に片思いしている学生時代の男、自殺未遂の従兄弟、精神病仲間のヤクザ、時たま呼びだすチカン男・・・・などがうろついているのです。
それにしても優子の家に居候する従兄弟の正体が分かったときは驚いた。(笑)

|

« キス・キス ロアルド・ダール 早川書房 | Main | ■沼地のある森を抜けて 梨木香歩 »