« □チャーリーとチョコレート工場の秘密 | Main | ■私の介護days 横森美奈子 小学館  »

2005.10.02

■となり町戦争 三崎亜紀 新潮社

となり町との戦争が始まった。しかし、銃声は聞こえず、人々の生活も普段通りに行われている。ただ、広報誌に掲載された「戦死者」の数が少しずつ増えていくだけなのだ。

不思議な静けさを持ってすすむ物語。事態が掌握できないまま戦争に巻き込まれていく主人公。カフカの小説のようでもありました。

|

« □チャーリーとチョコレート工場の秘密 | Main | ■私の介護days 横森美奈子 小学館  »