« ■偏愛文学館 倉橋由美子 | Main | ■聖なる黒夜 柴田よしき 角川書店 »

2005.08.02

■ふたたびの虹 柴田よしき

東京で京風の「おばんざい屋」を経営する女将。しかし彼女には秘められた過去があった。テレビドラマでやっていたので、読んでみました。
ドラマの相田翔子と小説の女将のイメージはちと違う感じだった。それにしてもなかなか出てくるおばんざいが美味そう。いいな、こんな店近くに欲しいよ。

|

« ■偏愛文学館 倉橋由美子 | Main | ■聖なる黒夜 柴田よしき 角川書店 »