« ■空中庭園 角田光代 文藝春秋 | Main | ■ふたたびの虹 柴田よしき »

2005.08.01

■偏愛文学館 倉橋由美子

倉橋さんの作品って「大人のための残酷童話」くらいしか読んでいない。
でもこの評論は面白かった。紹介されているもので読んだことのあるものは少なくて、どれも読んでみたいと思わせるものだった。簡潔な文章で、さらりと書いてあるのにこんなに読みたくさせるというのは凄いことだと思います。

|

« ■空中庭園 角田光代 文藝春秋 | Main | ■ふたたびの虹 柴田よしき »