« ■聖なる黒夜 柴田よしき 角川書店 | Main | ■フォー・ディア・ライフ 柴田よしき 講談社 »

2005.08.08

■袋小路の男 絲山秋子 講談社

高校時代から片思い(?)の男、小田切とのつかず離れずの不可思議な関係を女性が一人称で語る。

なんだかねえ、若かりし日の自分のこと思い出しちゃったよ・・・・。(^_^;)
好きな男とは友達でいるのが一番です。

三部作かと思ったら、最後は全然違う話し。10年後くらいの小田切との仲をいつか書いてください。

3編目のタイトルは「アーリオ・オーリオ」
おじさんと姪っ子の友情というか。透明感があります。
おじさんとか、ちょっと年上のいとことか、って、結構若いころに影響受けたりするよね。

|

« ■聖なる黒夜 柴田よしき 角川書店 | Main | ■フォー・ディア・ライフ 柴田よしき 講談社 »