« □ブリジット・ジョーンズの日記 | Main | ■博士の愛した数式 小川洋子 新潮社 »

2005.04.14

■告白 町田康 中央公論社

いや〜。大変なものを書いちゃいましたね。康ちゃん(←馴れ馴れしい。あかんがな)

全編にうねる河内弁のリズムに圧倒されます。
時々出てくる突っ込みに吹きだしながら、ぐいぐいぐい引きずり込まれていく。

侠客・博徒。無頼のものでありながら、実はかなり小心者で、鈍くさくって、お人よし。
しかしながら思考と言葉の齟齬に身悶えする主人公、熊太郎。
このもどかしさに同じく身悶えして、これはわたしだと思った時、
熊太郎の哀しさと共鳴しておお〜んって吠えてしまうのです。

「どこいっきゃちゅてたんねてんにゃんか」
果たして関西人以外で、これが正確に発音できるだろうか?

|

« □ブリジット・ジョーンズの日記 | Main | ■博士の愛した数式 小川洋子 新潮社 »