« ■ローマ人の物語13 最後の努力 塩野七生 | Main | ■アラスカ物語 新田次郎 新潮文庫 »

2005.03.07

■エロイカより愛をこめての創りかた 青池保子

なんと20年以上も描き続けられている「エロイカより愛をこめて」。青池保子が初めて明かす制作秘話。
青池保子さんって私はほぼデビューの頃から読んでいました。でも途中でフレンドからマーガレットを読むようになって、フレンド組はあかぬけないイメージがあった。この本にも書いてあるけれど、青池さん自身も干されかかっていたらしい。
そしてフリーでプリンセスに描くようになって「イブの息子たち」でプチブレイク。わたしも友人に面白〜!とすすめられて読んではみたけど、絵が依然昔の少女漫画のりを引きずっていて、もうひとつ夢中になれなかった。その後「エロイカ」も初期の頃は「イブ」と同じ感想。でもやはりやっぱり少佐、なんといっても少佐。このキャラクターの登場で変わりましたね。これ以降は大ファンで今でも読み続けています。
青池さんはとっても真面目な方です。本当に「創りかた」が紹介されている構想〜シナリオ〜絵コンテから資料集めまで真摯に取組んでいらっしゃるようすがうかがわれます。
地元(?)ドイツでも紹介されているのにも驚き。映画化されたら面白いのになあ〜。
付録の大島弓子、大矢ちき、樹村みのりがゲストの漫画、懐かし〜。ちゃんと当時買ってました。

|

« ■ローマ人の物語13 最後の努力 塩野七生 | Main | ■アラスカ物語 新田次郎 新潮文庫 »