« 夫婦善哉 松竹座 | Main | ■生首に聞いてみろ 法月綸太郎 角川書店 »

2005.03.28

■僕たちの戦争 荻原浩 双葉社

これは、傑作ですよ。ぜひぜひぜひみなさん読んで!
時は2001年フリーターでサーファーの健太。19歳。居酒屋のバイトをケンカで辞め、ブラブラ中。恋人ミナミとも最近うまくいってない。ひとりやってきた茨城の海で大波にのまれ・・・。
時は1944年。吾一は「石部金吉」と呼ばれるほどの堅物。予科練卒の航空機練習生だが飛行訓練中に失敗し、茨城海中へ墜落・・・。
タイムスリップと心身入れ替わり。よくある話しだけど、これを同時にやってしまったところがポイント。「まじっすか〜?」と思いきり現代の若者健太が、戦時下の軍隊で生き残れるのか? 真面目一方の吾一が世紀末の喧騒の日本に適応できるのか? ふたりのそれぞれに視点から語られる感想や批評がいちいち面白い。
軍隊の体罰、弱い者いじめ体質について、また、現代生活のあまりの節操なさ放縦ぶりが批判も含めて語られるけど、説教臭くはない。特に吾一が携帯電話やコーラや渋谷の雑踏に驚くあたりはもう、マジ可笑しい。
そして登場人物の過去と現在が交錯していき、最後はどうまとめるかと思いましたが、いい感じに収斂しました。いやー泣いちゃいましたよ。ホントに、笑わせて泣かせてくれます。ミナミちゃんがまたいい娘なの。
いやー、萩原さん、ちょっと物足りないなんて以前書いたけど、すみません。これはホント素晴らしいです。

あんまり話題になってないのは、何故? タイトルがもうひとつなのと、出版社がちょっとマイナーだからでしょうか。

|

« 夫婦善哉 松竹座 | Main | ■生首に聞いてみろ 法月綸太郎 角川書店 »