« ■サウンドトラック 古川日出男 集英社 | Main | ■アイムソーリー、ママ 桐野夏生 集英社 »

2005.02.02

■残虐記 桐野夏生 新潮社

女性小説家がある小説を残して失踪。彼女は小学生の時に誘拐され1年間監禁されていたのだが、小説には監禁事件について秘められた過去がつづられていた・・。新潟の監禁事件にヒントを得たといわれているけど、実際の事件とは全く無関係と言っていいと思う。桐野夏生は事件の設定を借りて、そこから全く違う物語を創りだしている。とはいえ前回のグロテスク同様、その想像力で普遍的に本質をいい当てているのかもしれない。

|

« ■サウンドトラック 古川日出男 集英社 | Main | ■アイムソーリー、ママ 桐野夏生 集英社 »