« 2004年映画ベスト5 | Main | □東京原発 »

2005.01.10

■ボディ・アンド・ソウル 古川日出夫 双葉社

今年の初読みです。読んでる途中は何じゃこりゃ?状態だったのだけど、読み終わったら、ちょっと「おおっ!」と思いました。作家フルカワの日常生活のエッセイのようなでもフィクションのような・・。エッセイパートの超饒舌文体は町田康ポップ版?という気がしたのですが、そうでもないのか。
この方の作品自体、初めて読んだので、なんかよくわからないので、とりあえず、図書館で以前の作品をいくつかまとめて借りてきました。まあ、そういうことです。

|

« 2004年映画ベスト5 | Main | □東京原発 »