« December 2004 | Main | February 2005 »

January 2005

2005.01.25

■沈黙 古川日出男 幻冬舎

「13」では片目が色覚異常の男の子が色彩を追求する話し。今回は耳の聞こえなくなった男が「音楽」を求める。色彩や音楽という文章化しづらい対象を表現しようとする試みにまず敬意を払いたい。そしてかなり成功していると思います。古川氏の文体は音楽を表現するための独特のリズムを持っています。
話しは非常に重層的で、戦時中のスパイとして活動していた大滝鹿爾がまず登場。彼は「獰猛な舌」を持っている。そしてその息子大滝修一郎は耳が聞こえなくなりながらも幻の音楽「ルコ」を探求している。さらにその縁者に当たる薫子という美大生が「ルコ」捜しを続ける。「ルコ」は「生きるための音楽」だという。さらに彼女の大伯母と弟の存在。
とにかく圧倒的に情報量が多くて、大滝鹿爾、大滝修一郎、薫子のそれぞれを主人公にして十分に一冊の本になりそうな物語をはらんでいる。それなのに、彼らはスパイラルのように過去と現在が、現実と夢が入り交じりながら進んでいったり、戻ったり・・。
なんだか、凄いぞーとは思ったのだけど、この3者の物語を重ね合わせた意味が実はもうひとつよくわからないのだった。読後感としてまとまりのなさを感じてしまう。それぞれ別の物語でよいのになあなんて、思ってしまった。特に薫子と大伯母さんが一緒に暮らすエピソードの美しい生活感がよかったのだけど、この本のなかで妙に浮いているような・・・。古川日出男・・・うーん、ますます不可思議だ。

|

2005.01.24

□過去のない男

町で暴漢に襲われ、記憶をなくした男が、過去をふりかえることなく今日のために生きていく・・話しなんだが、かといって何だか「頑張ろう! 力強く生きよう!」という力みがまったくないのであります。いや、大体この男は現在起こっていることを本当にあるがままに受け入れてしまうのです。名前も職業も故郷も覚えていない。でも思い出そうとも思わない。いいんだけど・・。主演の男性が、なんかデニス・ホッパー(=萩原健一にも)似ているなあ・・・となんだかそれが気になって。正直、期待したほどではなかったです。
でも、彼が救世軍の仕事を手伝うようになって、救世軍バンドをロックバンドに仕立ててしまうのだが「これから、俺はロックバンドのマネージャーをやる」というのには笑ってしまいました。←「レニングラードカウボーイズ」のオマージュ? ハンニバルという名前の犬も名演!

|

2005.01.20

■13 古川日出男 幻冬舎

「ボディ&ソウル」が何かもうひとつよくわからなかったけど、気にはなったので、今月は古川日出男強化月間にしてます。デビュー作「13」を読んでみました。おお、またわからないぞ〜(笑)
色彩と音と宗教と神話とが渾然一体となったようなお話しで、日本、アフリカ、南米、ハリウッドと舞台は飛ぶし。
主人公である響一は生まれつき片目に色覚異常がある。それゆえ彼は色彩について異常なほどの執着心を持っている。伯父がピグミーチンパンジーの研究者で、伯父の連れてきたアフリカの少年と友情が育まれ、響一はアフリカで過ごすことになる。一方アフリカではある少女が聖母マリアの生まれ変わりとしてあがめられていた・・・。
なんというか、感想を書きにくいんですが、ともかく何かすごく力強いです。二部になるとちょっと突然軽くなって、ラストはちょっと無理矢理な気がしつつ・・・。でもとにかく五感小説っていう感じなのです。古川さんは動物の五感について追求しているのでしょうか。うーん、それで「ボディ&ソウル」なのか。とか。でもまだまだよくわかりません。続けて「沈黙」読んでみます。

|

2005.01.17

□ネバーランド

今年初映画館鑑賞作品はコレに決めてました。「ネバーランド」! 
佳作というか、良心的な上質な、上品な作品でした。でもねえ、正直言ってそれだけ・・・。
じつのところ本当はあんまりそれほど期待してなかったんですよ。もちろんジョニー主演だから観るのは間違いなしだったのだけど、あまりにもきれいに流れ過ぎて、物足りない〜!! という感じでしたねえ。うううううっ。色々な意味で残念です。
そうそう! 劇中でピーターパンを演じた女性。どっかで見たことあるなあと思ってたら、あの「トレインスポッティング」のダイアンだったのね。

|

2005.01.12

■背信 ロバート・B・パーカー 早川書房

まあとにかくスペンサーシリーズですから、出たらとりあえず読みますからって感じなので、これを書こうとするまでタイトル、覚えてませんでした。あら、前回が「真相」で今回が「背信」って、フランシスの新作が出ないからって、二文字熟語タイトルをスペンサーシリーズが乗っ取るのか?
今回嬉しかったのはですね、スペンサーがやっと「にやっ」っと笑ってくれたことです。「にゃっ」とではなく。(^_^;) ついでにホークも「にやっ」と笑ってくれます。
始まりは単純な浮気調査の依頼から始まる。世界的企業キナージーの重役の妻が夫の素行調査を頼みにきたのだ。しかし夫は何者かに殺される。キナージーには何かきなくさい秘密が隠されているようだ・・・。というわけで、スペンサーが経済犯罪に関わります。最後に関係者を集めて真相を明らかにしていくなんて「探偵」っぽいこともやってます。
ああ、それにしてもやっぱりスペンサーシリーズって好きだわと、改めて思いました。スペンサーと愉快な仲間たちの軽口って私にとってもは心地よいのです。馬鹿らしいと思う人もいるかもしれないけどさ。解説の東直巳氏が「寅さん」シリーズと較べてたけど、的を射てるかも。とにかく、のんびり、ゆっくり延々と続いてくださればよいなあと、しみじみ思いましたです。

|

2005.01.10

□東京原発

よくできた社会派コメディ映画、って感じですね。ずいぶん以前に広瀬隆が「東京に原発を」という本を書いてましたが、こちらは山川元「東京原発」が原作のようです。(どっちも読んでないけど)基本的な主張は原発は過疎地に立てられているが、一番電気を使う地域が引き受けるべきじゃない? 「絶対安全」なんだから、全然問題ないじゃないってこと。
東京都知事が財政問題を解決するために補助金が山のように出る「原発」を誘致すると言い出し、あわてふためく都の局長たち。 会議の場で次々と「原発」の真実が明らかにされていく。電力会社がPRする「安全」についての回答がいかに嘘まみれで事実を隠ぺいしているか、コメディタッチで斬っていく。局長達のいい加減な知識に笑うけれど、私自身の知識だっておんなじようなものだ。だから余計に恐ろしい。大体、こんな地震国でどこに建てようが絶対安全なんてありえない。
後半は、核燃料輸送車とその運転手、乗っ取り少年も入り乱れての騒動が起こるのだけど、少年の存在がちょっと弱いかな。でも、なかなか面白いです。おすすめ。

|

■ボディ・アンド・ソウル 古川日出夫 双葉社

今年の初読みです。読んでる途中は何じゃこりゃ?状態だったのだけど、読み終わったら、ちょっと「おおっ!」と思いました。作家フルカワの日常生活のエッセイのようなでもフィクションのような・・。エッセイパートの超饒舌文体は町田康ポップ版?という気がしたのですが、そうでもないのか。
この方の作品自体、初めて読んだので、なんかよくわからないので、とりあえず、図書館で以前の作品をいくつかまとめて借りてきました。まあ、そういうことです。

|

2005.01.06

2004年映画ベスト5

映画は劇場では20本くらいしか見てないのでベスト5にします。
●誰も知らない
●下妻物語
●Elephant
●モーターサイクル・ダイアリーズ
●華氏911
と、こうみると結構話題作揃いですね。今年の邦画はなかなか豊作でした。
あと、ともかくジョニー・デップが可愛い〜〜♪「シークレットウインドウ」は別格でございます。
っでも、シービスケット、ビッグ・フィッシュ、キルビル2、スクール・オブ・ロックもよかったのです。
まあ好きそうなものを選んでいるから当たり前といえば当たり前かも。

今年は他にレンタルでも映画を観ました。
●フォロウィング
●ゴーストワールド
●ファストフード・ファストウーマン
スタイルはそれぞれ全然違うけど、この3作品はよかったです。

|

2005.01.01

2004年 ベスト10作品

あけましておめでとうございます。
こんなサイトですが、時々覗いてやってくださいませ。相変わらず「読んだり観たり」したことをダラダラと書いていくつもりでおります。よろしくお願いいたします。

さて2004年に読んだのは大体80冊ぐらい。ちょっとペースが落ちています。
今年の初めにバルザックを読もう!と決意したけど、全然すすまなかったので計画は中止しました。(笑)
さて、2004年の個人的ベスト10はこんな感じになりました。
●コンスエラ ダン・ローズ アンドリュープレス
●シンセミア 阿部和重 朝日新聞社
●へのへの夢二 久世光彦 筑摩書房
●豆腐小僧双六道中 京極夏彦 講談社
●パンク侍、切られて候 町田康
●ふたりジャネット テリー・ビッスン 河出書房新社
●ツ、イ、ラ、ク 姫野カオルコ 角川書店
●黄金旅風 飯嶋和一 小学館
●文学刑事サーズデイ・ネクスト1 ジェーン・エアを探せ ジャスパー・フォード ソニーマガジンズ

ジャ〜ン! なんとダン・ローズが2年連続ブッち切りで1位と相成りました。昨年の「ティモ・レオン」も衝撃だったですが「コンスエラ」はさらに凄いです。
阿部ちゃんの「シンセミア」も別の意味で衝撃的な作品でした。読みごたえありましたし。04年は阿部ちゃんをかなり読みましたが好きな作品といえば「ニッポニア・ニッポン」の方が上かも。
久世さんの「へのへの夢二」は久々に久世さんらしい味わいで、本当にぜひ痩せた沢田研二で映画化してほしいものです。京極の「豆腐小僧」は可笑しくて可愛い。それでいて妖怪世界のわかりやすい案内書にもなっているすごくよく出来た作品だと思いますです。そして町田康はどこまで行ってしまうのでしょうか。「ふたりジャネット」も妙な雰囲気が気に入りました。「ツ、イ、ラ、ク」はメインとなる恋愛に関しては「う〜ん?」って思うんですけど、とにかく小学生たちの生活描写のディテールに感心しました。待ち焦がれた飯嶋作品は相変わらず熱い男達をクールに。文学刑事は04年に出た2よりも1の方が好きでした。2は何でもありの度がすぎてたような。
あれ・・。これじゃあベスト9ですねえ。
実はあと1冊悩んでます。「石の猿」ジェフリー・ディーヴァーと「チルドレン」伊坂幸太郎。較べる作品ではないので、両方入れときますか。

|

« December 2004 | Main | February 2005 »