« ■イニシエーション・ラブ 乾くるみ 原書房 | Main | ■ふたりジャネット テリー・ビッスン 河出書房新社 »

2004.11.18

■ランゴリアーズ スティーブン・キング 文春文庫

映画「シークレット・ウインドウ」の原作「秘密の窓・秘密の庭」が入っているというので久々に本書を購入してみました。「ランゴリアーズ」もドラマ化されて、数年前にテレビで見た記憶があります。でも途中からだったので、紙をビリビリ破る変なおじさんのこと以外あまり覚えていなかった。どんどん「無」になっていく過去、と次第に実体化していく未来という概念が面白い。
「秘密の窓・秘密の庭」は結末が変わっているということで興味があったのですが、私は映画の方がストレートだと思いましたね。奥さんを○○してトウモロコシ食うんだぜ〜(笑)。登場人物も少し変わっていました。映画では妙に思わせぶりに登場した保安官は原作では名前があがっただけ。シューターがより謎の存在になってたのですが、映画、原作どっちがよいとも悪いともいえませぬ。

|

« ■イニシエーション・ラブ 乾くるみ 原書房 | Main | ■ふたりジャネット テリー・ビッスン 河出書房新社 »