« ■ワーキングガール・ウォーズ 柴田よしき 新潮社 | Main | ■お父さんエラい! 重松清 講談社 »

2004.11.02

□シークレット・ウインドウ

評判悪かったのであんまり期待してなかったけど、私は結構楽しめた。
オチがつまらんって言う人が多いのだけど、オチなんかどうでもよいのよっ!
雰囲気はよかったと思うし、とにかく何よりジョニー君がよい。可愛い。
ボロボロのガウン、アーガイルのベスト姿。よれよれなんだけど、何て似合うの。
眼鏡、ヒゲ、肩までのロン毛。いや〜、もろ好みっ。
(私は短髪ジョニーは「エド・ウッド」以外はあんまり好みではないのだ)
とにかく出ずっぱり。私は見てる途中でDVDを買うことを決めました。
何回もリピートしたい。顔を見るためだけに〜。
例ええば、
眠っておきたときの寝癖の髪! あれは立たせすぎ〜(爆笑)
ドリトスをバリバリほお張る顔
家政婦さんに隠れて煙草を吸ってる時の顔
突然キレた顔
凶器のドライバーを引き抜く時のいやいや顔など・・・
ジョニー君の百面相が見られてニヤニヤ、ニヤニヤ、ニヤニヤ。
最後に歌も聞けてお得さ倍増。

ああ!思いっきりミーハー。我ながらアホ。

それから、飽きずに見られたのは彼の住む山荘が素敵だったことも大きい。
いいな、あの間取り。

ただ、音楽がいかにも恐がらせてやるぜって感じの大仰さで、ちょっと辟易しました。

|

« ■ワーキングガール・ウォーズ 柴田よしき 新潮社 | Main | ■お父さんエラい! 重松清 講談社 »