« □茶の味 | Main | ■ターン 北村薫 新潮文庫 »

2004.08.26

□誰も知らない

ドキュメンタリー風の撮影になってはいるが、これは一種のおとぎ話しかもしれない。感動したとかいう映画ではなかった。泣く映画でもなかった。というか、観客に対して安易に泣くことを拒否しているのだという気がする。彼らが泣くこともない。互いに感情をむきだしにすることはほとんどない。長男が弟や妹に対して少し声をあらげる程度だ。長男役の柳楽優くんはじめ、こども達がほんとうに自然で素直な芝居で、客観的にみれば悲惨としかいえない状況をごく普通の日常として描いている。冒頭、スーツケースと一緒にモノレールに乗る長男が映る。その顔は少し憂いがある大人びた表情だ。その後一年前のシーンに戻る。母と一緒に引っ越しあいさつに回る長男。その時の幼さの残る顔と現在の顔の落差にハッとする。

水道も電気もガスも止められ、公園で洗濯したり体を洗ったりする子供達。食べるものといえば顔馴染の店員が分けてくれる排棄する弁当や、カップラーメンといったものばかりだから、本当なら栄養失調になったりしているはずだ。服や部屋はボロボロになっていく過程が描かれているけれども、こども達は存外元気そうに見える。その辺がこれはおとぎ話なんだという気がするのだ。(純化された物語というような意味で)

何度かグッとくるシーンやせりふがある。コンビニの女定員が警察か福祉課へ届ければと言ったとき長男は「そしたら兄弟4人一緒に暮らせなくなる」と答えるのだ。途中からいじめで登校拒否の女の子が登場してくる。彼女もクラスから「誰も知らない」と宣言されたゆえに兄弟達に自然に溶け込んでゆく。彼女の存在がこの作品のおとぎ話度を高めているのかもしれない。

|

« □茶の味 | Main | ■ターン 北村薫 新潮文庫 »