« ■みんな誰かを殺したい 射逆裕二 角川書店 | Main | ■エンプティーチェア ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋 »

2004.07.22

□ベジャール・バレエ・リュミエール

ベジャールといえば「ボレロ」。真ん中のお立ち台に乗って、だんだんと盛り上がっていく音楽に合わせて体を揺らすように踊るあのバレエが有名です。この振付家ベジャールの新作「リュミエール」の制作過程のドキュメンタリーです。「映画監督になりたかったダンサー」それがベジャール。リュミエール=「光」がテーマそして映画の創始者リュミエール兄弟も。あとシャンソン歌手のバルバラ、ジャック・ブレルやバッハの曲が使われています。射ダンサーひとりひとりに振り付けるベジャール。ビジョンはあるが、それが形にならない苦悩。衣装の美しさと機能性。野外劇場で雨にたたられるリハーサル・・・。ラストは少年ベジャールがとんだりはねたりしている古い映像が流れます。モノクロフィルムの中で光に愛された少年って感じ。

|

« ■みんな誰かを殺したい 射逆裕二 角川書店 | Main | ■エンプティーチェア ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋 »