« ■あら皮 バルザック バルザック全集3 東京創元社 | Main | ■手のひらの蝶 小笠原慧 角川書店 »

2004.05.27

□ビッグ・フィッシュ

現在とお父さんの過去のホラ話が交互に語られる構成が、ちとしんどい部分もありました。
ほら話の部分は好きなの。楽しい。映像が美しい!
でも現実の年老いた父さんが、痛々しすぎて、見ててつらかった。
とはいえ、ラストは予想通りではあったけど、じんわり泣けました。

バスタブの老夫婦のラブシーンは美しかったですね。
しかしジェシカ・ラングとアルバート・フィニーを夫婦にするのは年齢的に無理なんじゃないの? 
本来は同い年くらいの設定でしょ?
アルバート・フィニーがちょっと精彩がなかったのが個人的に残念なのよ。
「トム・ジョーンズの冒険」という映画がとても好きだった。
オードリーと共演した「いつもふたりで」も。ポアロもハマリ役だったしなあ。

ジャンボマックスみたいな巨人さんがとにかく印象的。ブシェミも相変わらずいいなあ〜。

|

« ■あら皮 バルザック バルザック全集3 東京創元社 | Main | ■手のひらの蝶 小笠原慧 角川書店 »