« ニッポニア・ニッポン 阿部和重 新潮社 | Main | シービスケット »

2004.02.19

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリーはあんまり期待はしてなかったけど、なかなか楽しかったです。音楽も懐かしい曲満載で、まあそれだけで心地よいですね。
19の恋の物語でありますが、それなりにまとまって、楽しい気分にしてくれました。ポルトガル人と恋する作家のエピソードが一番好きかな。キーラ花嫁に片思いの青年のエピソード、初めのうち私は青年は旦那の方に惚れているとばかり思っていたぞ。(笑)

私的にツボだったのは狂言回し的な役回りの「老いぼれロックシンガー」のおじさん。プロモーションでテレビやラジオで自嘲気味に毒舌を吐きまくっているのがウケました。この役者さん、ビル・ナイという人で「スティル・クレージー」という映画でも、再結成した老いぼれロックバンドのヴォーカル役をやっていた人だ。ハマリ役ですわー。

|

« ニッポニア・ニッポン 阿部和重 新潮社 | Main | シービスケット »