« インディビジュアル・プロジェクション 阿部和重 | Main | 真実のマレーネ・ディ-トリッヒ »

2004.01.29

ラストサムライ

もともと夏ごろからさんざん予告編を見せつけられて、辟易してたんだけど、割に評判がよいので、昨年末から、レディースデイに見ようと何度かトライしてました。ずーっと満席だったんですわ。で、ようやく見終わって。
原田監督、出張りすぎ〜! 
明治期の高官やら財閥のキャラクターをひとりに詰め込んだのだろうけど、戦闘の現場まで出ていって、指揮までしちゃうの?
渡辺謙は思ったほど・・。子役の子と見張り役の侍“ボブ”が印象に残った。
円教寺も映ったし(←郷土愛)
アメリカ大使(?)天皇に条約を拒否されるときの「ひどい」の字幕に大受けしてしまった。(こんなとこでウケてるようではダメですねえ)
やっぱりトムクル映画ですね。大真面目にやって、力こもってるけど・・・。苦手だわ・・・。

|

« インディビジュアル・プロジェクション 阿部和重 | Main | 真実のマレーネ・ディ-トリッヒ »