« 陰摩羅鬼の瑕 京極夏彦 | Main | シンセミア 阿部和重 朝日新聞社 »

2004.01.15

爛漫甲申演唱会

って、一体なによ? といぶかるみなさま。沢田研二の正月コンサートのタイトルでした。
正月は東京・大阪・名古屋の3都市で初歌いというのが恒例なのです。
昨日、大阪フェスの2日目に行ってまいりました。
しかーしこんなタイトルにだまされてはいけないのでして、思いっきりのロックコンサート。2時間立ちっぱなし、踊りっぱなしで、うーん手・足・腰が痛いぞ。
もちろんご本人もステージを走り回り、飛び回っております。新旧の曲を取り混ぜて、何が飛び出すかわからないびっくり箱的構成は正月の楽しみ。
今回の白眉は「サムライ」でした。いやー、すごい迫力です。これは鳥肌ものでした。美し過ぎた頃のサムライもよろしいけど、この声。圧倒的に揺さぶられてしまう声の力というものにやられました。
一時、声がガラガラになったなあ〜と残念に思ったこともあるけど、55歳の年齢ならではの本当にいい声の魅力が帰ってきた。
もう、なんかジュリーは今のまま(体型のこと)でいいや。でも歌い続けて欲しい。切にそう願います。

|

« 陰摩羅鬼の瑕 京極夏彦 | Main | シンセミア 阿部和重 朝日新聞社 »