« おおみそか | Main | 2003年映画のまとめ »

2004.01.03

2003年読書のまとめ

2003年に読んだのは年末駆け込みで読み終えた伊坂の「アヒルと鴨のコインロッカー」を含めて99冊でした。
昨年はといえばわたくし的に(一般的にもか?)「伊坂幸太郎フェア」な一年でありました。
やはり「オーデュボンの祈り」を読んだ時の印象が強烈で、多分「ラッシュライフ」がピーク。個人的にはどんどんテンションが下がっていったのがちょっと残念なのですが。

そんなわけの2003年個人的ベスト10
●ティモレオン ダン・ローズ
●オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎
●ラッシュライフ 伊坂幸太郎
●終戦のローレライ 福井晴敏
●ぬかるんでから 佐藤哲也 
●夏化粧 池上永一
●ぶらんこ乗り いしいしんじ
●GOTH 乙一
●シティー・オブ・ボーンズ マイクル・コナリー
●贖罪 イアン・マキューアン

大体、読んだ時の「衝撃」みたいなものを重視する傾向がありますねえ。今年ダントツでびっくりしたのは「ティモレオン」であったということですね。(笑)
伊坂に関しては旧作2作。新作2作はまあまあ・・・。という感じで。
あと、佐藤哲也さんの作品が今まで読んだことない体験だったかなという気もします。

それから久々のマキャモン「魔女は夜ささやく」もいい作品だったとは思うのですが、やっぱり求めていたマキャモンではなかったということで自分的には期待外れだったです。

一応2003年の簡単なまとめをしましたが、こちらのReading Diaryの更新はこれで最後。
2004年からは「ココログ」に、読書・映画などの感想を書いていくことにします。

ココログはこちら↓
http://purplefield.cocolog-nifty.com

|

« おおみそか | Main | 2003年映画のまとめ »