« ゴルディオスの結び目 ベルンハルト・シュリンク 小学館 | Main | 女神 久世光彦 新潮社 »

2003.12.18

マトリックス・レボリューションズ

ああ、もう上映が「終わる」ていうからやっと見ました。
うん、期待は全くしてなかったからね。わたし「リローデッド」にがっくし
していたもんで・・・。
リロはザイオン内の描写があまりにもくどくてですね、パッションあふれる踊りとか
セックスシーンとか、なんか肉体の暑苦しさがうっとしかったんです。

でも意外と楽しめた、レボリューションは。
とにかく女が強い!! ナイオビという女船長が大活躍でしたね。モーフィアスなんて、
完全にアシスタントになっちゃってましたねー。この俳優さん、それでよかったのか?
まあ、とにかく、無印マトリックスと後の2作は全く別物であるというのは
確かだなあ。
無印8 リロ3 レボ6 くらいの感じです。

イカマシーンとドリルが攻めてくるのをザイオンの人間は変な機械に乗って
迎撃するんですがこの機械、あまりにも無防備なんじゃありませんか?
人間がむき出しだもんねー。よくわからない造形です。

|

« ゴルディオスの結び目 ベルンハルト・シュリンク 小学館 | Main | 女神 久世光彦 新潮社 »