« 死の教訓(上下) ジェフリー・ディーバー 講談社文庫 | Main | 紫嵐 五條瑛 双葉社 »

2003.08.11

真相 ロバート・B・パーカー 早川書房

ポールの友人の女性の依頼は「28年前に銀行強盗事件に巻き込まれて死んだ母の殺害犯を捜してくれ」というもの。スペンサーは事件を調べようとするが、何故か事件の情報は非公開。しかもギャングに命を狙われそうになる・・。

記念すべき30作目のスペンサーシリーズにしては、少々しょぼい事件&展開でした。
一応別シリーズのジェッシイ・ストーンも登場して、スペンサーと協力するというような
ファンサービスなんかもあるのですけどね。

おまけとして30作を記念して、著名人に一番好きなスペンサー作品のアンケートを
とったものを掲載してあります。
「レイチェル・ウォレス」と「初秋」がやっぱり一番多いですね。
他に「ゴッドウルフの行方」は「スーザンが出てないから、好き」という人もいました。(笑)
わたしは「レイチェル」「初秋」に「約束の地」が、好きですねー。
登場初期のスーザンは魅力的だったんだよねー。

|

« 死の教訓(上下) ジェフリー・ディーバー 講談社文庫 | Main | 紫嵐 五條瑛 双葉社 »