« DZ 小笠原慧 角川文庫 | Main | 死の教訓 ジェフリー・ディーバー 講談社文庫 »

2003.07.31

プラネタリムのふたご いしいしんじ 講談社

プラネタリウムに、ふたごの兄弟が捨てられていた。
銀髪のふたりはプラネタリウムの解説者泣き男にテンペルとタットルと名付けられ、
すくすくと育つ。ある日テンペルは訪れた奇術団とともに旅立っていく・・。

「ひょっとしてより多くだまされるほどひとってしあわせなんじゃないんだろうか」

はじめのうちはなんだか設定になじめず、かなり時間がかかってしまいました。
じつは途中で投げ出しそうになっていたので、申し訳ないが、だまし方がうまくなかったのかもね。
それか、私の信じる心が足りなかったのかも。

でも後半は心地よくだまされてしまいました。ありがとう。

|

« DZ 小笠原慧 角川文庫 | Main | 死の教訓 ジェフリー・ディーバー 講談社文庫 »