« 紅一点論 斉藤美奈子 ビレッジセンター出版局 | Main | ザリガニマン 北野勇作 徳間デュアル文庫 »

2002.11.01

迅雷 黒川博行 双葉社

読了

面白かったわー。
どうも黒川博行と奥田英朗とが間違えてしまいそうになるのだけど。(大阪が舞台のことが多いからだと思うが)
黒川さんの方がエンタメ度は高いのかな。

ちょっと前に読んだ短編集の方はもうひとつだった。この人は長編の方が面白いかも。

やくざの親分を誘拐しちゃう3人組。みんなちょっとワルだけど素人さん。上手く行くはずが少しずつアテがはずれて・・の4日間の物語。あらあら、こんなところまで・・という展開です。

最後がちょっといい感じだわ。

|

« 紅一点論 斉藤美奈子 ビレッジセンター出版局 | Main | ザリガニマン 北野勇作 徳間デュアル文庫 »