« 百人一首 一千年の冥宮 湯川薫 新潮社 | Main | ロミオとロミオは永遠に 恩田陸 早川SFJコレクション »

2002.11.15

百人一首 一千年の冥宮 湯川薫 新潮社

読了・・・・・・・。

なんじゃあ!こりゃ?
全身怒りに震え、本を投げつけそうになったぞ~!!
(電車の中、しかも図書館の本なのでこらえたが)

これは今年読んだ中で一番のワースト本です。
信じられません。こんな本が出版されたなんて・・。
「本格ミステリ」って・・・?

・章ごとに語り手が変わっているのだけど、何の意味もない。
・百人一首、平家落人あるいは銃に対する蘊蓄が語られてる
 けど、だから何!?
・ダイイングメッセージ「凶」の意味にわらっちゃう。
・わけのわかんない探偵団が出てくる意味は?
・きわめつけ。犯人が・・・・(笑)


この人、フと思ったけど、どっかで京極を意識しているのかしら?
やたらの蘊蓄や、妙な探偵団も「薔薇十字社」の影響?
(うぷぷ)
でも、完全に失敗だし、破綻してるって・・。
京極さんのは芸です。幻惑され翻弄され騙されたような気がする
と思いながらも、納得させられちゃう。
湯川さん。小説書くのお辞めになった方がよいと思います・・・。


|

« 百人一首 一千年の冥宮 湯川薫 新潮社 | Main | ロミオとロミオは永遠に 恩田陸 早川SFJコレクション »