« 黒猫館の殺人 綾辻行人 | Main | 神様 川上弘美 中央公論社 »

2002.03.01

いとしい 川上弘美 幻冬舎

川上弘美の場合、ストーリーを紹介するのは無理だ。
始まりの一行で、ポンと彼女の世界に入ってしまってあとは、ホワホワと漂うしかない。

これはタイトル通り「いとしい」という想いを何通りも描き出した物語。(物語という言葉は不適切かも)
姉と妹、それぞれの恋人。母と恋人。妹の教え子とストーカー。妹の教え子の兄は、妹の恋人。この人達それぞれが「いとしい」気持ちを乱れ髪のようにからませていく。
姉の恋人が突然、変態(文字通り、蝶のように変態する)したりしても自然なこととして受け入れなくてはならない。


●キーワード:乱れ髪

|

« 黒猫館の殺人 綾辻行人 | Main | 神様 川上弘美 中央公論社 »